嵯峨野・嵐山 -②ー

嵯峨野の旅から10日も過ぎてしまいました。 日々の早さについていけません。 どこまで行ったのかと振り返り、、ニ尊院で終わっていました。 落柿舎から始めます。ニ尊院からはものの徒歩5分でした。松尾芭蕉の門人である向井去来の草庵で、茅葺屋根が情緒深いです。 当時、庭に40本の柿の実が一夜のうちにほとんど落ちつくしたと…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

嵯峨野・嵐山 -①ー

師走に入っての京都も趣があっていいのではと、京都好きの友人と2人で行ってきました。 2年前は大原方面を散策。今回は嵯峨野方面を散策です。 朝7時の新幹線こだまに乗り、56分で京都駅に着きます。 途中、雪に覆われた比良山脈と伊吹山がくっきり見ることができました。 ラッシュアワーの京都駅構内の人混みを逆らうように抜けてバスタ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

気がつけば師走の足音

私にとって慌ただしかった日々がやっと終わり、散歩に出かけました。 いつもの景色を眺めながら月日の経つのが早いな~と実感しました。 冷え込みが徐々に厳しく冬の足音が近づいています。 空気が澄んで冷たい北風が程よく気持ちよかったです。遠くの山々がくっきりと。 稲刈りは終わり。大豆畑もそろそろ収穫。 みかんが重そうに実をつけ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

犬山、寂光院・成田山・犬山城

今年の紅葉狩り、やっと実現できました。 アート同好会のメンバーで春・秋の行事の一つ。今年秋の目的地でした。 車に揺られて、運転はお任せ、最高です。 1時間半で犬山市の紅葉の名所「寂光院」に着きました。 真言宗・智山派の寺院、別名「尾張のもみじでら」と呼ばれています。 特に巨木が多くて葉が細かく色鮮やかに染まるの…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

鹿児島に来ました。

たった4日間の旅がこんなにも延び延びになってしまいました。 暦も立冬に。ついこの前台風2つも接近と言われていたのがいつの間にかです。 何も出来ないうちに年末がきてしまいそうです。 それで、まだ鹿児島の旅が残っているので続きを書き始めました。 天候不順で雨ばかりの屋久島から鹿児島県指宿の宿に。 ホテル内の…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

3日目の屋久島

屋久島へ上陸して3日経ちました。相変わらず朝から雨です。 心なしか肌がしっとりしているような。。夕方4時出発の高速船に乗って鹿児島の薩摩半島へ行くまでの 残り時間を島の南側を案内してもらいました。 ここでもう一度屋久島の景観をおさらいすることにします。(図説から) 屋久島は九州の最南端、大隅半島の佐多岬から南南西…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

屋久島の旅は続いています。

ホテルの窓に雨と風のヒュ~ヒュ~の音が一晩中たたきつけていました。 秋雨前線の影響のようで目の前の海も時化ていました。鉛色の空も不気味です。 そんな中、カッパと傘は必需品、計画通りには進まず予定を変更したりしながら大型タクシーに乗り込みました。 本日のメインの「白谷雲水峡」はかろうじて入ることができました。 観光客も…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

世界遺産の神々の島 ”屋久島”

世界自然遺産に最初に登録された念願の屋久島へ行くことができました。 セントレアから1時間半で鹿児島空港へ。 秋雨前線が日本列島を覆い、名古屋も朝から雨、鹿児島上陸するあたりから揺れ始めました。 そのはず、座席が横4の20列ぐらいの小さな飛行機でした。 窓からタイヤやプロペラも見え、悪天候で大丈夫かな~と。 屋久島へ…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

逢妻女川の彼岸花

両岸を彼岸花で覆いつくされている景色を見たくなって2年ぶりに行って来ました。 ここは三河湾に流れ出ている逢妻川が途中、逢妻男川と逢妻女川に別れ逢妻女川の上流に咲いています。 豊田市に位置して地域の有志の方々がこの川を花で飾り住民のいこいの場にしようと両岸に平成8年から植え続け、現在60万本の彼岸花を300万本の目標で日本…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

台風一過の秋晴れ

日本列島を縦断した台風18号、昨夜は大暴れして中部地方を通過していきました。 丁度午後8時ごろから雨風が強くなり雨戸にまるでホースで水をたたきつけているようで強烈でした。 「直虎」を観ていたのですがボリュームをあげても聞きづらいほどです。 時速50キロなので随分と時間をかけての通過でした。 翌朝庭のツルバラのアー…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

9月になっていました。

日差しは強くても、吹く風は秋を感じるようになりました。 気持ちの良い涼しい朝は一日を元気にしてくれています。 庭の花たちも暑い夏を越してぐったりしている花もあれば、これからの出番を待っている花があります。 雨が降った翌朝の滴をあびているバラとムラサキツユクサに目がとまって。 ハツユキカズラです。ピンク色の新芽と白い斑…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

夏の終わりに「澄ヶ瀬ヤナ」へ。

岐阜県恵那市方面の「澄ヶ瀬ヤナ」へ行って来ました。 蝉の声はぱったり、少しだけ朝晩が涼しくなりました。 そして、夜エンマコオロギの美しい鳴き声が夏の終わりを告げているようです。 秋の気配が感じられるようになりました。 このまま秋。。ん~~残暑まだまだでしょうね。 鮎の塩焼きが食べたくなって、最初…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

雑記

8月もお盆に入ってしまいました。 うるさいほど鳴いていたクマゼミの勢いもダウンです。 アブラゼミの領域はどこへ~。今年も聞こえてきません。 そろそろツクツクボウシの出番でしょうか。 連日34~35度の高温で溶けそうです。 そんななか日々の生活を拾ってみると。 母の初盆なのでまずお墓の掃除に朝早く出かけ…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

暑さ真っ只中に京都へ~~~。

7月29日に日帰りで京都へ行ってきました。 ~~~~ん!!あっつ~い!! こんな暑い日に、、、祇園祭も終わり、京都五山送り火にはまだ。。 小6の孫は6月に修学旅行で京都、奈良に行っています。 ところが行程の初日は日本列島が大荒れしている日でした。もちろん京都見学は大雨でびしょぬれ。 それでリベンジ、夏休みに…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

暑い日は冷房の効いた室内で。

梅雨が明けましたが当地は雨がほとんど降っていません。 ダムの水位も下がっているので節水させられそうです。 何年か前の空梅雨の時を思い出しました。 車の洗車は控え、庭木の水もほどほどに。街路樹のつつじが枯れてしまったこと等々。 九州地方の大雨や局所の大雨、均等に降ってほしいのですが思うようにいかない最近の天候で…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

郡上八幡へ♪

ジメジメ、ムシムシ・・・ 緑豊で少し涼しい高原にでも出かけようか、娘の家に泊まっていたので岐阜方面へ連れてってもらいました。 郡上おどりで有名な郡上八幡へ。 長良川の支流の吉田川に到着。アユ釣りの釣り人が楽しんでいました。 アユの塩焼きを美味しそうに食べている女の子も見かけました。 八幡町は四方を山に囲まれ、町…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

もう7月です。

早いもので今年も半分過ぎました。 なのに早々と台風3号が上陸。 先長いのにいったいどのくらい上陸するのか心配になります。 今日は7月6日です。   「この味がいいね」と君がいったから7月6日はサラダ記念日 我が家に、俵万智さんの詩が書かれているカレンダーがあります。 因みに6月は。    「水無月は…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

しとしと雨に花たちも生き生きと♪

集中豪雨はいただけませんが、梅雨らしいシトシト雨も時間がゆっくり流れていくようで時にはいいのではないかと一人思っているのです。 今日はまさに朝からシトシト雨です。 庭の花々も元気に輝いてみえます。 曇り空にも雨の日もパッと明るくしてくれるのがアガパンサスです。 何十年前に友人から一株いただいたのが2箇所でこのように増えて…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

花しょうぶ園へ♪

梅雨に入っても全く雨が降らない日々、連日真夏日でカラカラ状態です。 天気予報ではやっと明日当たりから梅雨前線が北上して梅雨らしくなるといわれています。 そして明日(21日)はもう夏至です。 紫陽花の瑞々しさも少々おくたびれのご様子。 そんななか、沼地に生える花しょうぶ園へ行ってきました。 ここ知立公園の花し…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ハワイでの旅日記。 ⑤

6月も半ばに。 庭の紫陽花もきれいに咲いて待っていてくれました。 ヤマアジサイがこんな色に変身してまだ咲いていたのには驚きです。 出発1週間前の咲き始めの頃のヤマアジサイはこんな状態。 記憶に残っているうちに生活の中から話題を載せてみました。 大河ドラマの1話を見ました。英語字幕が出ていたので興味深く見てい…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more