本格的な梅雨の前の走り梅雨~。

晴天が続かなくなりました。 走り梅雨でしょうか。梅雨になる前のぐずついた天気でムシムシしています。 植物にとっては適度に湿気があって瑞々しく輝いています。 ギボウシやユキノシタが日陰で元気に。 ユキノシタ・和名は白い舌状の花弁に基づき「雪の舌」と。 ヤマアジサイもひそかに咲いています。 オモトの地味な…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

名古屋城を見学。

5月5日のこどもの日に名古屋城に行って来ました。 この名古屋城は翌日5月6日午後5時に閉鎖され解体されます。 名古屋城は1612年に建てられた後、太平洋戦争中の1945年に空襲で天守などが焼失。 現天守は59年、鉄骨鉄筋コンクリート造で再建されました。 名古屋市は2022年末までに、耐震構造も兼ね…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

ミササガパークのバラ

大型連休の後半ですが昼から雨、明日は荒れた天気で大雨になりそうです。 連休の前半に訪ねたバラ園は好天気に恵まれ輝いていました。 そのミササガパークをもう一度登場させます。 このミササガパークは、カナダのミササガ市と刈谷市が姉妹都市でこの名がつきました。 春一番には芝桜で迎えられ、センス良く綺麗に工夫された…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

風薫る5月です。ーミササガパークー

もう5月です。そして来年の5月1日から元号が変わりますね。 昭和人間としては化石でしょうか。すでにレトロな時代になりつつあります。 そんななか季節だけはめぐり巡って楽しむことができ、日本の四季は本当に美しいと実感しています。 今年はどのお花も駆け足で過ぎ去って・・・そんなにあわてないで・・・ と叫びた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

4月でこの暑さ~。

この暑さ変ですね。 昨日は27度、今日は30度ですって。湿気がないのがまだ救いですが。 これからが心配です。今年の夏は暑いと言っていました。 爽やかで若葉の美しいこの季節、梅雨までのこの時期を花を愛でながら楽しみたいです。 庭の花たち,それ程手入れしていなくても毎年咲いてくれるのが嬉しいです。 バラ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

洲原池一周の散策

洲原池(刈谷市)一周の散策に久しぶりにやってきました。 一周と言っても周囲2.3kmなのであっという間、少々物足りない感じ。 ですが、清々しい初夏のような日差しと爽やかな風を受けながらのとても心地よい散策ができました。 新緑が美しくて緑が鮮やかです。 この公園は桜の名所でも人気スポットです。 駆け足で去った…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ハナニラの占領?

今年は桜の饗宴をめでる間もなく、早々と過ぎ去っていきました。 我が町内のお花見が8日の予定なのにすでに葉桜、しかも明日は寒いそうです。花の無い花冷え?? 庭のハナズオウが満開なので、この花で花見と。。 我が夫「あのピンクの花いつからあるの?」だって。 何十年前から陣取っているのに。 ハナニラの繁殖力には…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

下呂温泉でリラックス♪

近くの公園の桜が一気に満開になっています。 間が空いてしまいました。。。高山から下呂の旅の続きをします。 高山市から国道41号線を走り、1時間で下呂温泉に着きました。 国道41号は飛騨川沿いを通るので渓谷がとても美しくて、新緑が始まればこんな景色だろうと想像しながら暢気に横に座って・・・いいですね・・・と言われそう…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

下呂温泉と江戸時代の面影を残す古い町並み「飛騨高山」

久しぶりに温泉の旅をしてきました。 近場の温泉と言えば日本三名泉のひとつに数えられている下呂温泉です。 岐阜県のほぼ中央、南飛騨エリアに位置し、清流がきらめく深い山あいにひっそりと温泉街があります。 高速道路が開通してなかった頃は国道41号線をひたすら走ったものです。 今は2時間で行けてしまうのですから便利になり…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

土手のすかんぽじゃわ更紗~♪

日々あわただしく過ぎている間に3月も半ばへ。 久しぶりにいつものコースの散歩に出かけました。 まだ冷たい風が吹いていますが、景色は春色に変わっていました。    葉に先立って、枝いっぱいに黄色の花を咲かせている   早春の花木。サンシュユ 川べりを歩いて…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

しだれ梅まつり~♪

今日はひな祭り、ポカポカ陽気に誘われ、朝早くお出かけです。 名古屋市農業センターの「しだれ梅まつり」へ。 この梅まつりの時季は渋滞が凄いので早めに出てきたところ開園30分前に着きました。 すでに先客が駐車場で待機していました。思うことは同じでした。 700本のしだれ梅が咲き誇って(???)。梅まつりは2月23日から始…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

家に・・・同居(?)うんんーー

まだまだ寒い日が続いています。 そんな中、庭にも春の芽吹きがありました。 クリスマスローズの蕾がニョキッと。 まだ硬いツツジの花芽です。 昨年の10月ごろ狂い咲きしたヒュウガミズキが本来を発揮して咲こうと準備。 そして、そして、今年に入って天井に何やらゴソゴソ、コトコトと足音が聞こえるようになりました。 …
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

春探し・・・? 温室のデンパークに

今朝の最低気温は-2度、なのに太陽の日差しが眩しくて思わず春はどこまで近づいているのかな~。 なんて外出したものの外は寒~いです。外気温は3度でした。 肌を刺すような冷たい空気、それじゃ~、温室のあるデンパークへ行こう。  安城産業文化公園 デンパークです。花壇の花たちも寒々として元気なさそうです。 花壇を手入れ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ゴールドコーストの旅も終わりました。 ⑤

早いですね。もう2月に入りました。 立春ももうすぐです。なのに一向に春の暖かさ、ぬくもりを感じない連日厳しい寒さが続いています。 庭も草だけが目立って気になり、それで草取りを1時間しました。1時間が限度でした。 旅から帰って2週間、やっと終わりに漕ぎ付けました。もう少しお付き合い下さい。 ゴールドコースト…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

ゴールドコーストの世界遺産を訪ねて。 ④

南岸低気圧で日本列島、厳しい寒さが続いています。 なのに南国の話題はちょっと気が引けますが。。。 ・ ・ ・ ・ 旅の続きです。 オーストラリアには17箇所の世界自然遺産があります。 その一つ、地球が作り出した軌跡の森、ナチュラルブリッジとスプリングブルックの観光です。 太平洋岸には延々とビーチが続きますが…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ゴールドコーストの旅  バイロン・ベイ

19日の深夜に帰国しました。 19日の朝7時、タクシーに乗りゴールドコースト空港へ。 服装は来た時の冬支度です。クーラーを強くしてもらいました。 成田空港着陸間際の機内放送で東京の気温は6度と聞き今度は身震いです。 オーストラリア人は夏のスタイルのままの人も、寒くないのかな~。 旅の続き、思い出しながら…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

地上230メートルの高さからゴールドコーストを一望!

ゴールドコーストに来て5日目です。 連日真っ青な空で朝を迎えてくれます。 ホテルの部屋からゴールドコーストの海岸線に打ち寄せる白い波がとても美しくて癒されています。 時差が1時間早いのでNHKの朝のニュース、”わろてんか”をリアルタイムで見ながらの朝食。 と言ってもパン、ハム、オレンジジュース、オレンジ、コーヒー。今…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

オーストラリア・ゴールドコーストに1週間の滞在。

昨夜11日8時25分成田からのフライトでオーストラリア・ゴールドコーストに9時間で到着しました。 この日の名古屋は最高気温6度でした。真冬の格好です。 新幹線で東京、そしてエクスプレスで成田空港へ。 途中とっても綺麗な富士山を見ることができました。 美しい富士山を見ると胸がキュンとなります。 それから赤道を渡り…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

賀正

お正月3が日もあっという間に過ぎました。 本日は小寒です。暦通りの寒さで冷たい空気が身に沁みます。 毎年同じスタイルで新年を迎えることができました。 子供たち家族が勢ぞろいして賑やかに過ごせたことです。 一人高校受験の女子は朝から塾で欠席、ちょっぴり残念でした。 小5(男子)と小6(女子)がお泊りしてじ…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

光の祭典

我が市(知立市)にこんなにも綺麗なイルミネーションの祭典が行なわれています。 以前から聞いてはいましたが、初めて出かけ見に行って来ました。 というのもNHKの夕方6時からの放送で中継していたのを見て、これは一度見ておかなくては・・・と。 図書館の前の噴水広場にきれいに飾られていました。 今年はこのビッグツリーと。2本の光…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more