ハワイ紀行⑤ ※ワイキキからコオリナへ※


立春を過ぎても名ばかりで気温差が激しく体調崩しそうになります。

でも陽射しは強くなって春を感じるようになりました。

そのなか、南国のハワイの生活を続けてまいります。

ハワイでの生活も8泊目を迎えました。

カハラの高級住宅地に佇む豪華な美術館を紹介します。豪華絢爛、まさにその通りでした。

楽園ハワイとイスラムアートに恋した女性、ドリス・ヂュークが生涯をかけた理想郷。
いまでも宝物として大切に受け継がれている美術遺産、シャングリ・ラ邸。
画像



ホノルル美術館へ行くたびに、ここへはどうやって行くのかと思っていました。

夫が調べてくれ、念願が叶ったわけです。

週3回、日本人ガイドさんの90分のツァーがあります。
人気が高いらしいので昨年12月始めにオンラインで申し込みました。

まず西方面のホノルル美術館へ行き、そこからシャトルバスにてダイアモンドヘッドのあるブラックポイントという
高級住宅街の中に建つ「シャングリ・ラ邸」に行きます。

鬱蒼とした森の中を通り過ぎ、大きな門、車から暗証番号で自動的に門扉が開きます。

ゲートをくぐってゆるやかに曲がるスロープを下りて行くと、中央にバニヤンの大木がそびえる中庭に到着。画像
画像
ガイドさんのキクコさんがお出迎えです。
入り口のドアはエジプトのもので彫刻が独特でしたが
残念なことにボケていました。
敷地は5エーカー、ピンと来ません。
それに入り口がシンプルすぎて・・・。



邸宅の中に入りました。エントランスホールに唖然、写真を撮る事を忘れるほどです。画像
画像
画像
画像
床、天井、壁まで手の込んだアートで埋め尽くされたロビーでシャングリラ・ワールドに引き込まれました。
モロッコ風の天井、600枚に埋め尽くされたトルコタイル、インドやイラン、中東各国から集めた織物や置物。
中東の多様な国や時代のものを一室のなかに並べられています。

画像
画像
画像
画像

ここでドリス・ヂュークさんのことを紹介します。(いただいたパンフから)
1912年、ニューヨークに生まれ、大富豪の一人娘。父親は、タバコと電気会社の経営で成功をおさめ、一代で巨額の富を築いた大実業家。ドリスが12歳の時父が亡くなり、一人娘であった彼女は現在の価値で10億ドルもの
遺産金を手にしました。


それで世間の喧騒(パパラッチ)から離れ、1935年、10ヶ月の世界一周ハネムーンで最後に立ち寄ったハワイで
自分の居場所をみつけ、彼女の理想郷ともいえる大邸宅を建ててしまったのです。

イスラムアートが大好きで惜しみなく取り入れられていました。

お部屋からは美しいビーチとダイアモンドヘッドが見渡せる最高な立地でした。
画像

お庭に出てきました。
画像
画像

ムガール庭園です。
長く続く水路とシンメトリーに植えられた木々。
インド北部に発達したムガール庭園の特徴でタージマハルに続くその庭園を模したものです。
画像


入場者にお土産の団扇をいただきました。画像
画像

壁画の絵柄がデザインされていました。









ワイキキのサンセットがとても綺麗でした。
画像
画像




8泊のワイキキでの生活から車で40分の西のリゾート地コオリナに向かいます。
画像

いつものマリオット・バケーションクラブで6泊します。
馴染みのお部屋です。
画像
画像

美しい景色を眺めながらのお散歩は心身ともにリラックスできました。
画像
画像
画像

マリーナも近くなので歩いて行けます。
画像

ヘリポートも近くに。
画像
画像

ヨット旅を終えてマリーナに船を泊め、ヘリに乗ってどこかえ行かれるんでしょうね。
超セレブの生活はわからないので憶測です。
画像
画像

実は4年ぐらい前でしょうか、あの「嵐」がここでコンサートを開いているのです。
このヘリポートから嵐5人が降りてその隣の広場で行われました。
その広場は宿泊しているホテルから見られます。マリーナと手前の広場がそうです。
画像
画像



マリオットホテルの隣に5・6年前に建てられたアウラニホテルへ散歩がてら覗いてみました。

そこへ行く途中教会があります。(NYの田中将大さんが挙式された教会)。
画像


その教会を眺めながら歩いていたところ後ろから「ここで結婚式するんかい」ですって。
気軽にジョークを見知らぬ人に。 明るくってユーモアありますね。

アウラニホテルです。
画像
画像

偶然にもミッキーやミニーちゃん、たちに会えました。
画像
画像
画像
画像


ホテルの部屋が公開されていたのでちゃっかり覗いてきました。
画像
画像
画像
画像

ディズニーグッズを今回は買わずにするーっと出てきました。



最後までご覧いただきましてありがとうございました。

あと1回で終わらせようと思います。引き続きお付き合い下さい。

この記事へのコメント

2019年02月13日 22:31
凄い個人美術館があるんですね。
豪邸とイスラムアートの装飾美術品が、
そのまま立派な美術館になるなんて、
何てお金持ちなんでしょう。
それも目を見張るような美しさで、
まさに憧れの理想郷、地上の
「シャングリラ」という気がしました。
2019年02月14日 00:08
こんばんは!
想像を絶するような個人美術館ですね。贅をつくした美しい内装に美術品、別世界を見ているようです。美しいビーチとダイアモンドヘッドが望めて、庭も凄~い!
世の中には凄いお金持ちがいるんですね。
ヤシの木に青い海と青い空、ハワイは良いですね。
2019年02月14日 16:06
私なんかが 想像に及ばない 素晴らしい
邸宅 そして美術館なんですね。
贅沢な 造りなんでしょうが 凄く 洗練された
品の感じられる 建物に ため息ばかりです。
みなみさんの お泊りになられたホテルのお部屋も
とっても素敵ですね。私だったら もう帰りたくない!
と 思ってしまいますよ。
2019年02月15日 10:36
ドリス・ヂュークさん 10憶ドルの遺産ですか~?
日本円で 1000憶円以上ですね すごい。
それで 居場所を見つけたのが ハワイ。
すばらしい 人生ですね~。
シャングリ・ラ邸 目を見張るばかりですね
すっかり 魅了されてしまいました。
目の保養になりましたわ。
夕日がきれいだわ~。
昔 サンセットクルーズには 何度か乗りました。
船で食べた夕食 おいしかったな~。
おかげで なつかしい思い出を すこしばかり思い起こしました~。
みなみ
2019年02月16日 13:45
yasuhikoさん、こんにちは。
この美術館のツァーを知って本当に良かったと思いました。
彼女(デュークさん)は美しくて聡明でお金持ちで・・・神は公平じゃないですね。
子供が居ないので全財産をこうした形で残すことも凄いことです。
みなみ
2019年02月16日 13:51
ekoさん、こんにちは。
本当に溜息がでるほど素晴らしかったです。
アメリカ本土ではなくハワイを選んだことも。
ハワイは人里離れて済むには絶好かもしれません。
で、別荘も多いのです。
アメリカの富裕層は桁外れなので想像できませんね。
でも美しいものを見て大満足しました。
みなみ
2019年02月16日 13:56
フラバーバさん、こんにちは。
そうなんです。驚くことばかりで。
こんな世界もあるんだと。
桁外れでした。彼女のセンスのよさも素晴らしかったです。
この部屋もステキです。
2人だけの生活なら十分だなといつも思っています。

みなみ
2019年02月16日 14:01
あさがおさん、こんにちは。
凄いでしょ、日本円に換算されましたね。
アメリカの富裕層は桁外れなので想像できません。
大金持ちはこんな生活なんですね。
サンセットクルージングは昔は大流行でしたけど
今はそれほど人気なさそうです。
少しでも昔を思い出していただけなんてうれしいです。
2019年02月16日 17:52
こんにちは。
南国のハワイでの快適な旅行を楽しまれていますね。シャングリラ邸は本当に豪華で建物全体が芸術品ですね。シャングリラの名前はチベットの奥地にあると言われている理想郷の意味でしょうね。「失われた地平線」という映画にもある不老不死のユートピアです。ワイキキの夕日や椰子の木が林立する海岸沿いも綺麗な景色です。楽しいご旅行を満喫してください。
2019年02月16日 21:43
シャングリ・ラ邸ですか・・・
聞いた事があります・
豪邸とイスラムアートの装飾美術品
想像すらできない位の規模?なんですね。
ヘリに乗っていくのはみなみさんじゃ~なかったのですか(笑)
お二人も十分に、私たちの想像の域を超えてらっしゃいますヨ。
お土産の団扇がなんか~
絣地の竹骨組みみたいなので、ある意味、ほんわかと癒されました。
何度も行ってらしても新しい開拓地があるんですね@@
さぁ~次はどんなところに案内して頂けるでしょう。
2019年02月16日 22:19
こんばんは
みなみさんの
豪華な旅
拝見していて大いに
楽しめま~す^^
remember you
2019年02月17日 09:57
こんにちは。
ハワイにこのようなゴージャズな
美術館が存在しているのですね!
お写真を見まして絶句しました。
邸宅全体が金色に輝いて見ている
だけで目が眩みましたよ!スゴイ!
2019年02月17日 16:08
こんにちは
ステキな美術館ですね
ハワイの海そして空 とても綺麗ですね
こうして読んでいると
一緒に行動している気分になります 楽しい~
2019年02月18日 10:58
検索なさって素敵な処に
お出掛けになられましたね
Hawaiiはやっぱりステキ!
楽しませていただきます
みなみ
2019年02月20日 20:27
華の熟年さん、こんにちは。
シャングリラは理想郷という意味ですがチベットの奥地にそういった地名があるのですか。映画にもなっている不老不死のユートピアですか。
いいお話ありがとうございます。
夕日の神秘的な輝きはどこで拝見しても感動しますね。
みなみ
2019年02月20日 20:43
nobaraさん、こんにちは。
シャングリ・ラ邸、お聞きしたことおありなんですね。
本当に豪華な邸宅でお一人で生活されていたんですから。
こうして公開して庶民が拝見できるのですから凄いです。
ドローンじゃなくてヘリで旋回してオアフ島を眺めたいです。
いえいえ、お金のかからない足で動き回っていました。
骨組みが竹の団扇、あの大邸宅でいただけたのは嬉しかったです。
この美しいう海は目に焼きついています。
みなみ
2019年02月20日 20:47
すーちんさん、こんにちは。
ありがとうございます。
そんな豪華じゃないですよ。
食事は自炊し、ザ・バスで移動していました。
円安で物価が高くて随分値上がりしていました。
カード決済が怖いです。
みなみ
2019年02月20日 20:52
remember youさん、こんにちは。
この美術館へは前から行きたかったので念願叶いました。
しかも高級住宅街の5エーカーですから。
想像できませんよ。
金色に輝いていました。
みなみ
2019年02月20日 20:56
ルーシーママさん、こんにちは。
豪華な邸宅を公開して美術館として残して
庶民に感動を与えたヂュークさんに感謝ですね。
青い海と青い空は本当に
綺麗でした。
みなみ
2019年02月20日 21:01
ジュンさん、こんにちは。
hawaiiはやはりステキですね。
常夏とおおらかな雰囲気が
すべてを和ませてくれますね。
常夏とおおらかなハワイ人は
明るくってこちらまで愉快になりますね。
2019年02月20日 22:38
ハワイ8日目 シャングリ・ラ鄭
日本人ガイドの90分ツアーですか。
いいですね。(*^-^*)
床、天井、壁、皆素敵です。

大富豪の娘さんが、世界1周のハネムーン
のあと、ハワイで大邸宅を建てたのですね。
お庭も素敵!!
夢の世界です。(*^-^*)
みなみ
2019年02月21日 09:23
あこさん、こんにちは。
はい、夢の世界を実感してきました。
庶民には想像できない文化を
目でしっかり記憶しました。
南国はいいですね。
2019年02月21日 20:55
ハワイでの生活が8泊目、長期滞在の範疇に突入しますね。
バニヤンの大木、摩訶不思議です!
下から伸びているのか、上から垂れさがっているのか、その両方なのか?
これが個人の邸宅、噂で聞いた事のある「シャングリ・ラ邸」ですか!
凄いです!
10億ドルの、0.1%の、半分でいいので、欲しいです^^)

南国の風景で優雅な気分に浸れました。
ミッキーやミニーで楽しくなりました。
次は最終回ですか。
楽しみです♪
みなみ
2019年02月23日 16:55
アルクノさん、こんにちは。
常夏の生活はあっという間でした。
バニヤン、枝が垂れ下がってあの不思議なスタイルに
なったんです。屋久島にもありました。
アメリカの大富豪は想像つきませんね。
その大富豪が全米の財政を潤っているのですから。
それこそ摩訶不思議です。
ハワイでミッキーたちに会えて
童心になって楽しんでいました。
最終回、完成しました。
またよろしくお越しください。

この記事へのトラックバック