中国四川省からの旅

四川省の省都である成都まで乗り継ぎ、乗り継ぎで朝9時35分の

中部国際からのフライトから夜12時ホテルチェックインの長い長い旅でした。

上海から広州までの国内線では機内で2時間待たされました。

天候不良のアナウンスが一度あったきりで、ただひたすら待つ破目。

又、電光掲示板の搭乗口番号と航空券の搭乗番号が一致しなくて振り回されることもしばしば。

次第に混乱も慣れてきました。

今回の旅のメインは四川省の4か所の世界遺産巡りでした。

まずは成都から160K南西に位置し、標高3000mを超す、まるで仙人の住むような場所でした。

峨眉山です。

ロープウエイで金頂へ、階段を上るとそこには、「普賢菩薩の道場」ともいわれる聖地、中国の4大仏教名山。

画像



かごやさんもたくさんいました。彼らは一人っ子の子供の教育のため朝から必死に働いているそうです。
土産物には山で採れた果物など。
現地の信仰者はロープウエイにも乗らずふもとから4時間もかけて、しかも80代のおばあです。
画像


画像



次の世界遺産 楽山大仏です。

大河岷江(みんこう)に世界一の楽山大仏。唐代に水害を鎮めるために建造されたもの。

見学用の船に乗って全貌をみることができました。

画像



そしてハイライトの九寨溝です。
  
深い森に囲まれた湖がエメラルドグリーンに輝き、湖底の倒木の美しさにも感激。

この景色は1万年前の地殻変動と氷河によってできた石灰質のカルスト地形に、ヒマラヤ山系の雪解け水が流れ込んで生まれたとされている。

20年ほど前に森林伐採で入った人がこの美しい景色を発見し、政府がすぐ世界遺産登録。
現在この山奥には成都から飛行機で40分、天候で遅れたりの不便さで、高速道路と鉄道を建設中でした。

すでに海抜3500m、息切れと動悸、水分補給しました。

画像


画像


画像


画像


画像


木道を歩きながら、ずっと眺めていたいブルーの湖水や瀑布。
新緑のこの季節もすばらしいが紅葉の季節も最高とか。

画像



チベット族の村(寨)が9つあることから「九寨溝」と名づけられ、チベット族の生活を見ることもできました。

画像


画像


画像



峨眉山での昼食 峨眉山料理です。

画像




ツアー旅行はハードで疲れます。毎日6時朝食、8時出発。
 
4つ目の世界遺産「黄龍」です。海抜も高いし難度の高いハイキングです。

休憩して次回に報告します。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年06月25日 10:32
お帰りなさい。長い旅だったようですね。
それでもさすがに中国、素晴らしい風景ですね~。特に大仏様と湖。チベットにも近いんですか?
またお土産話楽しみにしています。
2010年06月25日 14:19
え~中国に行ってたんですか。
私なんて、家から1時間ほどの富良野に行くのにも大変なのない…。(笑)
すごいね、この湖…20年前まで見つからなかったんですか。信じられないですね。中国にはこんなところがまだあるんじゃないでしょうかね。
四川料理でしたか?辛かったですか?稚拙な質問でごめんなさい。(笑)
南十字星
2010年06月25日 20:11
おばちゃんさん、こんばんは~♪
はい、中国は広すぎて移動に時間かかりますね。都会から離れれれば空気も澄んで、地元の人達も親切ですが、相変わらず生活様式にびっくりすること多いですね。チベットは四川省の北西あたりから、チベット自治区に接しています。九寨溝にはたくさんのチベット人が住んでいました。チベット人も変わっています。(笑)。又報告しますね。
南十字星
2010年06月25日 20:21
おいちゃんさん、こんばんは~♪
あら~!憧れの富良野まで1時間ですか。一度行ったきりで何度も訪れたい場所です。
広大な中国ですから秘境地がまだまだあると思います。そして仙人が住んでいたりして。四川料理めっちゃ辛いです。特にマーボ豆腐なんて、舌がひりひり汗だくだくです。中国人のパワーはここからきています(笑)。
2010年06月25日 20:51
おかえりなさい~♪
中国の綺麗な景色や世界遺産は
苦労しないと見ることができなさそうですね。
元気で行ってこられてよかったですね♪
私はとうていムリですわ^^;
ブルーの湖水
美しいですね~♪
2010年06月27日 16:29
お帰りなさい~

わぁ~!!ステキですねぇ~!!
さすがに中国!!
神秘で綺麗ですね~~
まるでブルーの湖水は大きな宝石そのものですね

フライトからトラブル…これも中国ならではなのかしら・・?
↑…私も花帆さんと同じことを思いましたわ~^_^;
なので南十字星さんのブログで疑似体験させて頂くことに…(*^^)v。。。次回の報告も楽しみにしています~



南十字星
2010年06月28日 21:15
花帆さん、こんばんは~♪
はい、はっきり言ってきついコースでした。山登りの苦手な私にはこたえました。終始中国人のパワーに押され気味のツアー11人でした。広州までの乗り継ぎの飛行機便は全て満席ですが日本人は私たち11人だけでした。まぁ~機内は賑やかでしたよ(笑)。
南十字星
2010年06月28日 21:30
きららさん、こんばんは~♪
九寨溝は本当にすばらしい景色でした。マイナスイオンをたっぷり吸収でき心が癒され、この時ばかりは疲れが吹っ飛びました。なんとも言えないエメラルドグリーンとコバルトブルーの自然色はすばらしいですね。その日の夜サッカー、オランダ戦をテレビ観戦し、終了後少し寝ただけで12時ごろから目が覚めて朝まで一睡もできませんでした(参った、参った)。
1日ぐらい寝なくても大丈夫と励まされました。

この記事へのトラックバック