ハイカラさん

アクセスカウンタ

zoom RSS 穴太衆(あのうしゅう)の石垣が連なる坂本を歩く〜♪

<<   作成日時 : 2017/03/27 14:41   >>

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 27

早いもので3月もあと少しになってしまいました。

梅の饗宴も終わり桜のほころびる便りが聞かれる花のリレーが始まっています。

今月のハイキングは滋賀県、
比叡山延暦寺の門前町として栄えた坂本、国の重要伝統的建築物保存地区選定されている街並みの散策でした。

JR鉄道を利用した鉄道旅でした。

東海道線米原駅まで最寄から1時間40分、姫路行き快速で山科駅下車、湖西線敦賀行き比叡山坂本下車。

乗り継ぎを重ね門前町に到着したのが11時です。
画像

大きな鳥居が迎えてくれました。
画像

お腹も空いてみんなホッとした顔で、、これから歩くにはエネルギーを補給するためにもまずは昼食を。
幹事さんの配慮でいの一番に。

”本家鶴喜そば”へ来ました。
画像

画像
画像


五木寛之さんの「百寺巡礼」のTV番組を欠かさず見ていますが、
五木さんがここで美味しそうにお蕎麦をいただいていました。

創業300年の歴史の味に大満足しました。
画像


すぐお隣には老舗の”鶴屋益光”の和菓子屋さんが。もちろん「そばまんじゅう」をお土産に。
画像


これで満足していては。さぁ〜元気にスタートです。

この坂本は荒行で知られている延暦寺の門前町として栄え、約50ヶ寺の里坊があります。
里坊は山上での修業を終えた老僧に与えられた坊舎で、ほとんどの里坊に見事な庭園が見られます。
画像


そして穴太衆(あのうしゅう)という特異な石積みを見ながら。
里坊や神社や古い民家の石垣です。その特色は加工しない自然のままの石面を巧みに用いて石積みの面を構成し、自然の美しさを保っています。
安土城他多くの戦国の城にみられると言われています。
画像
画像
画像

こんな懐かしい学校の門柱(延暦寺学園)も残され、奥に校舎が見えました。
画像

最初に訪れた滋賀院門跡。
元和元年(1615)天海代僧正が後陽成上皇より京都の高閣を賜り移築され、明暦元年(1655)後水尾上皇より滋賀院の号を賜りました。残念なことに明治11年に全焼して明治13年に延暦寺の山上にあった建物を移築再建したものです。
画像
延暦寺の本坊で、客殿には狩野派、渡辺了慶作の襖絵、丸山応挙の作品、保存も自然のままなので金箔も色あせ劣化もひどくて、修復もされていました。
撮影は禁止なので案内の写真で。
画像
画像

小堀遠州の庭園は撮影OKでした。南北に細長く池泉観賞式に作庭。
画像

画像

お成門(勅使門)です。皇室の方が公の行事でお越しの時にこの門が開かれるそうです。
画像

重厚な佇まいに歴史が見られました。
画像


慈眼堂(江戸初期) 慈眼大師・天海大憎正を祀る廟所。
画像


アセビの花が満開でした。
画像



山王総本宮日吉大社へ。

ここには、「山王鳥居」を神仏習合の信仰を表す独特の形。「合掌鳥居」がみられました。

神代より比叡山にご鎮座する土地の神様です。
1571年織田信長の比叡山焼き討ちに寄って焼失。現在の建築物は1586年から再建されたものです。
西本宮楼門です。軒下の四隅に木造のお猿さんが楼門を守っていたようです。
残念なことに気がつかなくって。
画像

境内13万坪、国宝2棟、重要文化財17棟。

境内には魔よけの象徴として、神猿(まさる)と呼ばれる猿が祀られ、「魔が去る、何よりも勝る」に因んで大切にされて、あちらこちらにお猿さんの像を見かけました。

又、平安京の表鬼門に位置することからあらゆる厄魔を祓い退ける、全国の著名な神社の神々をお招きしたことにより多くの摂末社がが立ち並んでいます。
画像
画像



最後に 旧竹林院 です。
 延暦寺の僧侶が高齢になった後、山麓に賜った里坊の一つ。
 現在も周辺に数多くの里坊が残り特色ある町並みをつくっています。
画像

3,300uの庭園には緑豊な木々、青々とした苔が、しっとりとした風情をかもしだしています。
画像
画像


「不滅の法灯」
画像

画像

仏の光で消えることなく比叡山でお守りし、全ての世の中を照らすようにと願いを込められ、大切に受け継がれ1200年あまりを経た今でも大きな灯ろうのなかで光り輝いています。
(撮影禁止なので展示されているパネルから)



帰りも電車にゆられて、、、。鉄道旅って田園風景を眺めながらのんびりと。いいですね。

すると伊吹山が突然現れました。驚きで感動です。
画像
画像


そろそろ名古屋駅に到着、、。

こんどはなんと、なんと、「ドクターイエロー」が、、、これには本当にびっくり仰天!!

シャッターを押し捲りました。
画像
画像
画像
画像
孫のなおやくんがいたら大喜びだったことでしょう。(もう小4年生だから覚めたかな)
私自身は初めてで興奮してしまいました。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 67
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいレポートに瞠目しました。
穴太衆の石垣、素朴でいながらしっかりとしています。
小堀遠州さんはいろいろな庭園を監修したのですね。
各地でその名を聞きます。
不滅の法灯、すごい歴史を感じますね〜畏れ多いです。
伊吹山、まだ雪に覆われていますね。春の訪れは未だ?
ドクターイエロー、私も興奮します。
イエローの声を張り上げそうです((((^Q^)/
nobara
2017/03/27 21:09
こんばんは。
1,200年の歴史ある伝教大師の比叡山延暦寺へ参拝に行かれて、広い庭園や伽藍配置の建築物は見事だったと思います。不滅の法灯は千年にわたり24時間延々と灯火しているのは凄い事ですね。新幹線のドクターイエローは珍しいです。私の小3の孫も電車が好きで駅へ一緒に見に行ったり、トーマスのミニチュア機関車で遊んだ事もあります。
華の熟年
2017/03/27 21:25
待ちに待った春がやっと来ましたね。
青春切符の旅でしたか!?
日吉大社は春祭り、さくらの頃はスゴイ人です。
比叡山ケーブルの乗り場へ行くのに必ず通る道です。
穴太衆の石垣も有名ですね。
お昼は鶴喜そばを食べられましたか?
「味は一番、電話は2番、店は角を曲がって3軒目」と子供のころから言っていて、今も変わらないと店の方に聞きました。
竹林院ではこの前、座ってお抹茶をいただきました。
ああなつかしい!大津市の坂本!子供のころ近くに住んでいました。
ドクターイエロー見ましたか?大人でも興奮しますよね。
お孫さんに見せてあげたい…と思いますよね。
みっきい
2017/03/27 21:33
今晩は。
ハイキングとはいえ、すごい旅です。
しっかり目的をもって移動---楽しみました。
まずは腹ごしらえですね
行き当たりばったり
2017/03/27 23:24
nobaraさん、こんにちは。
ありがとうございます。
穴太衆の石垣は本当に見事でした。しかも石垣の間の草や苔なども綺麗にお手入れなさっていらっしゃるのです。大切に保存されていました。
小堀遠州は多くの庭園を造ったり監修もされていますね。
不滅の法灯は4灯ありそのうちの1灯がここにありましたが他のそれぞれは4人の僧侶が寝ずに交代で消さないように見守っていると聞き驚きました。
伊吹山もドクターイエローも興奮しました。
みなみ
2017/03/28 10:43
こんにちは。再度のコメントです。

JRの電車に乗って比叡山の坂本駅を降り、名所旧蹟を観光されお天気も良く楽しいハイキングで良かったですね。掲載されている写真を拝見し解説文もゆっくり読ませて頂きました。五木寛之さんも食べられたお蕎麦は美味しそうです。伊吹山は白く冠雪し電車から見る景色も綺麗だったと思います。
華の熟年
2017/03/28 14:30
こんばんは!
穴太衆という特異な石組みの石垣は見事ですね。苔むして歴史を感じます。
比叡山へは行きましたが、門前町は素通りでしっかり見ていません。立派な本坊や里坊に庭園どこも見応えがありますね。
創業300年のお蕎麦美味しそう〜♪
伊吹山も車窓からよく見えましたね。伊吹山ドライブウェー4月15日の開通を目指して除雪作業中です。頂上付近は4mの積雪、水分を含んだ重い雪で除雪作業は大変だそうです。
ドクターイエロー見られて良かったですね。新幹線沿線に住んでいるおかげで何回か見ています。
eko
2017/03/28 22:30
華の熟年さん、こんにちは。
再度訪問して頂きましてありがとうございました。
肌寒かった日でしたが次第に暖かくなってハイキング日和でした。
比叡山延暦寺の規模の大きさと1200年も灯し続けていることに驚きました。歴史のある寺院を訪ねて身が引き締まりました。
ドクターイエローは男の子は一度は夢中になりますね。
時刻を調べて連れて行っていたようです。
まさかばぁばも見られるとは、興奮しました。
冠雪している伊吹山を間近で見られたことも嬉しかったです。
みなみ
2017/03/29 11:15
みっきいさん、こんにちは。
やっと春らしくなりましたね。
青春切符は残念なことに用意していません。友達は持っていましたが
料金は驚くほど割安ですね。3分の1でした。
日吉大社の花祭りの宣伝もみかけました。凄い人出でしょうね。
みっきいさんの故郷ですか。いろんな事をよくご存知で。
鶴喜蕎麦さん、角を曲がって3軒目ということも。
予約をしていたのですぐ食できました。
門前町の坂本、もう一度ゆっくり尋ねたいです。
御朱印の料金払いながら出口で貰うの忘れてしまいました。
みなみ
2017/03/29 11:26
行き当たりばったりさん、こんにちは。
そうなんです。
今回はハイキングというより鉄道旅でした。
しかもJRの快速なので時間がかかりましたが窓からみる田園風景を眺めながらの旅も再認識しました。
青春切符の旅も経験ありませんが考えてみようと思いました。
お花見も遠出できそうです。
みなみ
2017/03/29 11:31
ekoさん、こんにちは。
石積み街道があるくらいなのであちらこちらで綺麗に手入れされていました。
里坊も世継ぎがいなけれが廃寺になってしまい随分と減ったそうです。
お庭が立派でよく手入れされていましたが保存するにも大変でしょうね。
伊吹山の頂上は4mの積雪ですか。除雪作業も大変ですね。
電車でこのあたりを通りかかった時ekoさんを思い出しました。
伊吹山がよく登場されたので撮影はこの辺かな〜とね。
ドクターイエロー、何回もご覧になっているなんて、鉄ちゃんにとっては羨ましいでしょうね。
みなみ
2017/03/29 11:41
比叡山でしたか♪
小堀遠州はそちらの方でしたか?
落ち着いて美しい庭園ですね♪
鉄道旅もいいものですね♪
車・バスより好きです♪
ドクターイエローに遭遇するなんて〜びっくりぽんでしたね♪
花帆
2017/03/29 16:32
いや〜歴史ですね〜。
聞いたことがある名前・名称が出てきましたが,
イマイチ歴史と一致しないのは私の知識が…。(笑)
唯一わかったのがドクターイエローでした。(汗)
めったに見られない新幹線専用の点検車両ですよね。
ダイヤは公表されていないのですが,
ファンはなぜか待ち構えていると聞きました。
これもすごい話ですね。
おいちゃん
2017/03/30 09:12
大きさが不揃いの石を組み合わせて、
巧に石垣を築く技術は素晴らしいものですね。
「穴太衆」の事は、司馬遼太郎の
『街道をゆく』シリーズで初めて知り、
大いに興味をそそられました。
寺社が多く、石垣が独特の風情を添える
坂本の街並みは、とても魅力的ですね。
yasuhiko
2017/03/30 15:03
ドクターイエローの実物をご覧になったのですね。
それは すばらしい。
めったに見れるものではないのですもの。
運がいいですよ〜。
そんな幸運に巡り会ったことないな〜。
比叡山中学校・・・?
いい名前の中学校ですね。
そこに入学する人は お坊さんになりたい人が多いのかしら?
あさがお
2017/03/30 17:29
昨年 申年だからと 初詣に 日吉大社へ
行きました。西本宮桜門の お猿さんの
写真を 撮りましたよ。高い所にいるので
見過ごしてしまいますね。
帰りには 雪の伊吹山 そして ドクターイエロー
と 最後まで 素晴らしい 風景を楽しまれて
ハイキングというより いい旅でしたね。
フラバーバ
2017/03/30 22:21
花帆さん、こんにちは。
鉄道旅なかなかいいものですよ。
米原まで新幹線で行く手もありますが元はハイキングなのでJRで。
随分と時間がかかりましたがおしゃべりしている間に到着なのです。
期間限定の青春切符も捨てがたいことを知りました。
小堀遠州は近江の方のようです。
ドクタイエローにめぐり合えて本当にラッキーでした。
みなみ
2017/03/31 10:19
おいちゃんさん、こんにちは。
このあたりは戦国時代に出てくる地名がおおくあります。
関が原の駅名も出てきたりして。歴史を振り返る絶好のコースでした。
ドクターイエローに偶然名古屋駅に入るところだったので写真撮影には絶好チャンスでした。ダイヤはネットに載っています。
孫が小さかった頃息子が近くの新幹線のホームに入場券を買って寒い中待機してた話を聞いています。子供のためなら何でも出きるんだ、と思い出しました。
みなみ
2017/03/31 10:27
yasuhikoさん、こんにちは。
自然の石を巧みに組み合わせて造る石垣は本当に見事でした。
間から苔や草が生えて風情もありますが綺麗に手入れされている石垣も見られました。「街道をゆく」は興味のあるシリーズしか読んでいませんが「穴太衆」の事が出ていたのですか。読んでみたくなりました。
坂本の門前町は五木寛之さんも絶賛していました。
みなみ
2017/03/31 10:34
あさがおさん、こんにちは。
もう降りなくては、と支度していたところ、名古屋駅のホームにゆっくり入ってきたのです。ちょっとはしゃいでしまいました。
孫も小さかった頃息子がわざわざ見せに連れて行っていたことを思い出しました。
比叡山中学校の校門のプレートが懐かしくて撮ってしまいました。
経営が仏教の学校のようなのでお坊さんの跡継ぎのお子さんもおいででしょうね。
みなみ
2017/03/31 10:40
フラバーバさん、こんにちは。
西本宮楼門の四隅にお猿さんがいたようですね。
後から気が付いたので見ていません。残念でした。
ハイキングというより鉄道旅でした。
鉄道で行くのもいいものですね。
窓からは冠雪の伊吹山や比良山脈の雪の被った山並みもはっきり見ることが出来興奮しながらおしゃべりもはずみ楽しかったです。
最後にドクターイエローまで、、とね。
みなみ
2017/03/31 10:46
穴太衆という特異な石積み見事ですね
「不滅の法灯」凄い歴史
拝見して光をいただけたようです
比叡山の歴史素晴らしいです
最後に「ドクターイエロー」
最高な散策になりましたね
ジュン
2017/03/31 16:12
近江、坂本の旅、いいですね。かつては明智光秀がお城を構えた街ですから、古くから交通の要衝であったと思います。
その後も比叡山延暦寺の門前町としてずっと栄えたことが伝わってきます。
それにしても、風格のある「本家鶴喜そば」で食べたのはいい体験でしたね。私もいつかと思ってしまいます。
帰りの伊吹山とドクターイエロー、私も思わず見かけたらワクワクすると思います。
ミクミティ
2017/03/31 23:10
こんばんは♪
穴大衆という石垣は見事ですね。
苔むしは歴史を感じさせますね!
比叡山延暦寺には行ったこと無い
のですが、お写真とお話しで少し
解りました。
ぷりめいら
2017/04/04 22:09
ジュンさん、こんにちは。
自然そのままの石を積み上げた穴太衆の巧みさはお見事でした。
昔の人たちの手仕事は本当に凄いということがわかりました。
そして「不滅の法灯」の歴史も驚きましたね。
ドクターイエローにも年甲斐も無く興奮してしまいました。
みなみ
2017/04/05 14:24
ミクミティさん、こんにちは。
戦国時代、激しく戦った地名がJRの駅名からも伺え皆で話しながら鉄旅を楽しんできました。里坊も立派な境内を受け継ぎ保存されているのです。
鶴喜蕎麦もこしがあって本当に美味しかったです。
冠雪の伊吹山も見られ、何よりもドクターイエローに逢えたことに興奮してしまいました。
みなみ
2017/04/05 14:42
ぶりめいらさん、こんにちは。
自然のままの石を積み上げる穴太衆の石垣は本当に素晴らしかったです。
昔は人の力でこつこつ積み上げていったんですね。
苔むした歴史は大切にしたいものです。
比叡山延暦寺の修行はそれはそれは厳しいもののようです。
荒行といわれているくらいですから。
雪の降るなか草履に素足で托鉢されるのです。
みなみ
2017/04/05 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
穴太衆(あのうしゅう)の石垣が連なる坂本を歩く〜♪ ハイカラさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる