ハイカラさん

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛知高浜市 鬼みちと人形小路、2つの散策路を歩く

<<   作成日時 : 2017/02/20 18:18   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 24

−−−新日本歩く道100選および美しい日本の歩きたくなる道500選に選ばれた散策路ーーー

幹事さんが選んでくれた2月のハイキングコースです。

まず一番に喜んだのはこの私です。何と言っても隣の市であり遠くないエリアだからです。

いつも毎回、私が一番遠くて朝早くから出かけなくてはなりません。

そして交通費も結構加算されます。名古屋在住の方達は敬老パスをお持ちなのですからね。

まぁ〜それはさておいて・・・と。

この日は雨水でした。今まで雪が降ったり凍っていた季節がゆるんで水分が雨となって降る意です。

風は冷たくても暖かみのある日差しを浴びながらの散策を楽しむことが出来ました。

近くと言っても車ですべて用を済ませているので路地を散策することはなく発見が多くて楽しいものでした。

高浜市は三州瓦で有名なところです。
日本最大の生産量を誇る三州瓦。高浜は約300年の歴史を有する中心的産地。
瓦に適した粘土が掘れたこと、船便運送が容易であった場所で瓦産業が発達しました。

駅を降りるとまずこの大きな瓦でお出迎えです。
画像

いつものように駅前の広場の隅っこで準備運動してから出発します。

これから「鬼みち」を。。。あちらこちらに飾り瓦が埋め込まれたりして。
画像
画像

鬼パークに着きました。
画像
画像

鬼みちのコースのガイド板がありユーモラスな鬼面の椅子でちょっと一息。
画像

石垣にも鬼瓦が見られます。
画像
画像

塩焼瓦窯(赤窯)が保存されていました。
大正時代に食塩釉の技術で焼かれた赤い瓦を焼いていたそうです。
画像

天上はドーム型になっており、繰り返し使用したために窯の内側の耐火レンガはきれいな琥珀色になっていました。
画像

「かわら」をテーマにした日本で唯一の「かわら美術館」へ。
画像

古代から現代の瓦、外国の瓦も展示されていました。
鬼瓦は和式建築物の棟の端などに設置される板状の瓦の総称で、厄除けと装飾を目的とした役瓦の一つです。
画像
画像


高さ8mの日本一の大きな陶製の観音様です。
画像


蓮乗院です。屋根は瓦でできた甍(いらか)の美しい波とその上を舞い踊る天女や亀など、細かい装飾の飾り瓦で竜宮城が表現されている珍しいお寺でした。
画像
画像

画像
画像
画像
画像

今の新築家屋はほとんど瓦屋根は見かけませんね。
重いので使われなくなったのでしょう。





大山緑地で昼食。屋外で食べるおにぎりは格別です。

エネルギーを補給して、、
吉浜細工人形を紹介している人形小路、昔懐かしい駄菓子屋さんなどを見ながらの散策。

吉浜細工人形は360年の歴史があり昭和36年に愛知県の無形文化財に指定されました。
人形の胴体を藁と竹で作り、和紙を張った上に貝殻、松かさ、木の実、竹、樹皮を組み合わせて衣装の柄を表現することが特徴です。

吉浜人形紫峰人形美術館に着きました。
画像

お雛さまは「雨水」の日に飾ると良いと言われています。(我が家は立春ごろ飾っていましたが・・・)
画像
画像

6階は人形の館で江戸時代から受け継がれている三河・吉浜の細工人形が飾られていました。
格式高いお雛様のようです。
画像


3階は商品がずらり。目移りしてしまいそうです。
画像
画像
画像
画像



画像
画像

小石丸雛です。
画像

小石丸とは日本古来の在来種で最高級の繭と呼ばれています。
宮中の御養蚕所における皇后御親蚕に用いられる品種です。

この日も若い女の子のいるご家族とおばぁちゃまのお客様も見かけました。

私も何年か前、初孫にここでこの小石丸雛を購入しました。
今年も飾られていることでしょう。


♪あかりをつけましょぼんぼりに、、、  流れていました。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
桜も咲き始めましたね。春はもうすぐ訪れます。吉浜細工人形は歴史があり雛人形も可愛くて綺麗な作品がたくさん並んでいますね。
華の熟年
2017/02/20 18:44
こんにちは!
三州瓦は聞いて知っていますが、高浜市なんですね。街中面白い瓦がいっぱいで歩くのも楽しそうですね。
蓮乗院の龍宮城を表現した瓦が産地とあって見事ですね。この頃は鬼瓦を上げるような日本家屋も少なくなりなんとなく寂しいですね。
瓦とは趣が変わって吉浜人形の美術館、華やかな雛人形がたくさん飾られて良いですね。雨水に飾るとは知りませんでした。我が家も立春の頃に飾っていました(苦笑)
歴史ある雛人形も見られて楽しいハイキングでしたね。
eko
2017/02/21 10:48
鬼瓦、滑稽なお顔立ちですね(*^-゚)⌒☆
昔は、どのお宅にも飾ってありましたが・・
地震などで屋根を重くしない方が・・云々言われて・・
博多塀は瓦を埋め込んだりしていますね。
お近くでハイキングも乙なモノですね。
私も期せずして雨水にお出ししたかも知れません。
雨水はその日(2/18)から啓蟄の前の日まで(3/4)頃の期間?らしい・・
良縁に恵まれると・・いいますよね。
今年は木目込みのはお休みして頂いて信楽の渋いのにしました。
雛の節句は華やかでいいですよね。
いろいろな飾り物も楽しいモノですね〜
自分の住む近くを知るのもいいですね(*^-゚)⌒☆
nobara
2017/02/21 20:05
2月のハイキングは高浜市だったのですね!
隣町でもなかなか歩いてみることは少ないでしょう。
もう20年近い昔に一度高浜市へ行きました。
案内人がいてくださって、細い小道や近道を通って、三州瓦の製造やお寺さんを見て回りました。高浜市は高福祉の街としての取り組みなど見てきました。
かわら美術館は、瓦ばかりではなく陶器の製品もあったような気がします…。
日を改めてですが、吉浜人形にも行きました。立体の人形で歴史があらわされていて面白かったです。今はおひな様の時期、お孫さんのひな人形はここで買い求められましたか!?「小石丸」とは日本古来の在来種で最高級の繭だとは知りませんでした。
最高級のおひな様を贈られたのですね!お幸せなお孫さんですね。
  ♪あかりをつけましょぼんぼりに〜〜〜子供たちの幸せを祈ります。
みっきい
2017/02/21 20:38
「鬼みち」とは何だろうと思ったら、
瓦窯や瓦美術館、瓦の面白いお寺さんなどを
結んだ「鬼瓦」をテーマにした遊歩道なんですね。
瓦の産地らしい道の名前で感心しました。
お寺さんの飾り瓦も、他の土地では見られない
豪華絢爛な姿形にびっくりです。
雛人形のルートとは、いい組み合わせですね。
yasuhiko
2017/02/22 11:26
駅前の大きな瓦 鬼とは程遠い 愛嬌の
ある 可愛い 姿に 思わず 笑ってしまいました。
あちこちに 瓦が埋め込んである道も
楽しく歩けて いいですね。
お雛様の 時期が来るたび 今年こそは お雛様を
出してあげようと 思いつつ 出せずに終わってしまいます。
今年は思いきって 出してみようと 決意しました。
フラバーバ
2017/02/22 13:14
華の熟年さん、こんにちは。
河津桜やコヒガンサクラが咲き始めましたね。
桜前線も南から順番に便りが聞かれる季節になりました。
厳しい寒さもここまでになればと願うばかりです。
桃の節句で春を一層感じられもうそこまでですね。
みなみ
2017/02/22 15:36
ekoさん、こんにちは。
三州瓦は高浜市です。
町のあちらこちら、お宅のお庭にも瓦細工が見られて歩きながらの散策は楽しかったです。
鬼瓦のある屋根は見かけなくなりましたね。
というよりも鬼瓦の似合う日本家屋が見られないことですね。
寂しいですけど瓦産業も大変でしょう。
地味な産業にかわり艶やかな人形には興味がわきますね。
雨水に飾ることも知りました。
ハイキングというよりもお散歩のようで、こんなコースも有りを感じ取ってきました。
みなみ
2017/02/22 15:46
お雛様 たくさんありますね〜。
とってもきれい 美しい。
日本の人形は 細やかで 長持ちするし いいですよね〜。
私は 外国人のお友達に 分けてあげました。
喜んでくれましたよ。
あさがお
2017/02/22 15:51
nobaraさん、こんにちは。
鬼瓦は飽きない面白い顔をしていますね。
瓦も今は軽くなっているようですが瓦以外のモルタルに変わって窓が少ない家屋になりましたね。窓が大きくて日が燦燦と入る部屋が好きなんですが。
近くに居ながら知らないことが多くて時にはいいものです。
雨水が終わって啓蟄が近づきつつ、春はそこまできていますね。
桃の節句は女の子にとっては嬉しい行事でいくつになってもいいものですね。
そして3月3日を過ぎたらすぐ片付けないとお嫁にいけないよと言われたものです。
信楽焼きのお雛様も素敵ですね。
桃の花やネコヤナギ、菜の花を飾ってお部屋を明るくしたいです。
みなみ
2017/02/22 16:30
みっきいさん、こんにちは。
20年も前にすでに高浜市の鬼みちを散策されていたのですか。みっきいさんの行動力を改めて知りました。高福祉の市でもあるのですね。かわら美術館には陶器の壷なども展示されていましたよ。
吉浜人形美術館は縮小されて入場も無料でした。
お雛様も7段飾りは少なくなりお内裏様ばかりでした。
小子化でお雛様産業も厳しいかも知れませんね。
やはり女の子の桃の節句はいくつになっても嬉しいものですね。
みなみ
2017/02/22 16:38
yasuhikoさん、こんにちは。
「鬼みち」、そうなんです。
鬼瓦からもじっているんんですね。
他のお寺も立派な鬼瓦が使われてさすが〜と眺めていました。
新築の家屋は瓦屋根のお宅はほとんど見かけません。
時代の移り変わりですね。
鬼みち、人形小路の取り合わせもユニークでした。
みなみ
2017/02/22 16:43
フラバーバさん、こんにちは。
鬼瓦の顔、面白いですね。私も笑いました。
瓦が敷き詰められた歩道を歩きながらの散策も楽しかったです。
フラバーバさんのお宅もそうですか。
我が家も今年こそは、そしてこの日の翌日に今年こそ飾ろうと決意したのですが。飾っていません。お雛様泣いてないかしら。
1年に1度は出してあげないといけませんね。
みなみ
2017/02/22 16:50
あさがおさん、こんにちは。
お雛様はいいですね。
桃の節句はいくつになっても嬉しいものですね。
外国の方に差し上げれば喜ばれますね。
昔、お土産に藤娘をあげたらとっても喜んでもらえました。
日本のお人形は人気があるらしいです。

みなみ
2017/02/22 16:55
蓮乗院の屋根は瓦でできた甍
美しい波、舞い踊る天女や亀
竜宮城が表現され立派な瓦ですね
家から近い集合場所はいいです
歴史のあるお雛様をご覧になられたり
素敵な散策路でしたね
ジュン
2017/02/23 14:41
こんばんは
愛知県高浜市、初めて知った町なので、地図で確かめました。刈谷の近くだとわかりました。瓦の町ということも知り、いい勉強になりました。鬼瓦の顔が迎えてくれ、ギョッとするものの、町のシンボルとして面白いオブジェですねこの町はどの家もうだつの上がる家が建っているのかな
ミックン
2017/02/23 20:52
こんばんは♪
三州瓦は高浜市なんですか。
初めて知りました。蓮乗院の
屋根瓦が竜宮城のようになって
いるのですね。愉しそうな
雰囲気がありますね!
ぷりめいら
2017/02/26 22:22
ジュンさん、こんにちは。
蓮乗院の甍の波は本当に美しかったです。
瓦の町にふさわしい贅を尽くしていました。
近くでありながらも知らないことが多くて勉強になりました。
ひな祭りももうすぐですね。
先日娘の家を訪ねたところここで購入したお雛様が飾られていたのでホッとしました。
みなみ
2017/02/27 15:28
ミックンさん、こんにちは。
そうです、刈谷市の隣の人口5,6万人の市です。
瓦に適した土が採掘されたのが始まりだそうです。
鬼瓦は面白いですね。魔よけですね。
古い町並みはないのでうだつの上がっている家はみかけませんでした。
みなみ
2017/02/27 15:36
ぶりめいらさん、こんにちは。
そうです、三州瓦の産地です。
以前訪ねたシンガポールの寺院の瓦が三州瓦でした。
現地のガイドさんが”三州瓦”と言っていましたが意味がわかっていないようでした。
蓮乗院の屋根瓦も遊び心でしょうか。
楽しくなりました。
みなみ
2017/02/27 15:41
今月もハイキングなんですね。
北海道にはない瓦は珍しく愛犬しました。
これも歴史が感じられますね。
それと…お人形。蜷人形。すばらしいですね。
これは見るだけでも価値のあるように思います。
これにも歴史を感じますね〜。
おいちゃん
2017/02/28 09:08
こんにちは 桃の日に集まる姫達と久しぶりの再会楽しかったですね。
訪問させていただきましたが、いろいろと頑張っていらっしゃいますね。
これからも拝見させてもらっちゃいます。よろしくね。
桃子
2017/03/05 21:26
おいちゃんさん、こんにちは。
北海道では瓦屋根は重くて使われないでしょうね。
今は軽くなりましたが昔は重い瓦でした。
我が家もその重い瓦が未だ屋根の上です。
その重いものがのしかかっていて肩がこります。
ひな祭りも終わり弥生3月も6日になっています。
日々が早すぎてこのブログもはかどりません。
みなみ
2017/03/06 10:22
桃子さん、こんにちは。
ようこそお出まし下さいましてありがとうございました。
久しぶりの元姫たちも相変わらずの元気さに圧倒されました。
よく食べ笑って、はしゃぐのが元気の源ですね。
桃子さんからのコメントとてもうれしいです。
あれやこれやと忙しくてPCの前に座るのが少なくなりました。
それでも好奇心は旺盛なのでUPできるように頑張っています。
遠慮なくお出でになってコメントもよろしくね。
みなみ
2017/03/06 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛知高浜市 鬼みちと人形小路、2つの散策路を歩く ハイカラさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる