ハイカラさん

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎の旅、軍艦島に上陸。

<<   作成日時 : 2016/10/05 11:42   >>

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 24

2日目はこの旅のメィン。軍艦島です。

長崎半島から西に4,5km、三菱石炭鉱業(株)の高島から南西に約2,5km、長崎港から19kmの沖合いに位置する「端島(はしま)」です。

端島は、南北に480m、東西160m、周囲約1200m、面積63,000uという小さな海底炭鉱の島で岸壁が島全体を囲い、高層鉄筋アパートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」ににていることから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。


上陸したときに全体写真があったので。
画像

下の写真は船内のビデオからです。
画像



宿泊していたホテルの前の常盤桟橋から1時間半のクルージングを経て軍艦島へ上陸しました。

その前に、世界文化遺産なので厳しい掟にサインしたりの準備があったりして出航まで1時間かかりました。

まさに明治日本の産業革命遺産です。
  自国の技術に加え、外国の先進技術を取り入れたことで急速に近代化が進んだと評価された日本。
  これには日本の産業革命の先駆けとなった長崎の土地柄も関係しています。
  鎖国前の一時期を含め、ほとんどは長崎を経由して国内に広まりました。


高知県出身の岩崎弥太郎は竜馬と友好を結び、三菱重工業の基礎を築いたのです。

長崎港一体は三菱造船所で占められていました。三菱財閥の凄さを見ることが出来ました。
画像

幕府、明治政府、三菱社。造船国・日本を維持してきた長崎造船所。
ここで建てられて以来、今なお稼動中のドッグです。
三菱の白地の三菱のマークだけでもテニスコート一面の大きさと聞き驚きです。
画像

大型タンカーも。
画像


日本最古の三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン
今も現役 日本初の大型電動式クレーン、世界遺産に登録されています。朝もやで霞んでいました。
画像

立派な女神大橋を渡ります。豪華客船も通れるように橋脚は高いです。右の写真は船内の映像から。
画像
画像









女神大橋を潜るとマリア像。航海の安全を見守っているようです。
画像


いよいよ軍艦島が現れました。
画像
画像

島を一周しながら最新の技術を搭載した海上都市を見ることが出来ました。
日本初の鉄筋コンクリート造りの高層集合住宅も見られます。
画像

左奥の建物が端島小中学校です。1958年(昭和33)に建設されました。エレベーターもありました。
実は1893年(明治26年)、三菱社立の尋常小学校から大正10年に町立にかわり現在地に移設されたのです。
画像

画像
画像

上陸しました。
船内からビデオを見ながらの案内してくださった方の臨場感あふれる解説には感動しました。
軍艦島で生まれ育った方なので生活感も伝わってきました。
画像

画像

大正5年に建てられた30号アパートは、日本最古の鉄筋アパートです。
内庭には吹き抜けの廊下と階段があり地下には売店もありました。
画像


最盛期には約5,300人もの人々が住み、当時の東京都の9倍もの人口密度に達したそうです。

映画館も食料品もパチンコ店もすべて三菱の経営です。
お給料は三菱からいただき島の中の生活全てをここで浪費すれば三菱に戻ってくる。。。
三菱財閥の凄さもうかがえました。


しかしエネルギー革命により、石炭から石油に移ったことで、出炭量も人口も減り1974年1月に閉山して同年4月から無人島に。
最後、学校のグランドに人文字で。寂しかったことでしょうね。(船内のビデオから)
画像



何年か経て観光名所になり世界文化遺産にも登録されました。

ただ岸壁が島全体を囲い、護岸の腐食が激しいそうです。
少しでも欠けて崩れるようであれば世界遺産から抹消されるので必死に守っているそうです。



中華街でお昼ご飯。
画像
画像



次の観光地 出島です。
ここからが出島です。出島なのに陸続きです。
画像
出島は1636年キリスト教の布教を防ぐ目的で市中に雑居しているポルトガル人を一箇所に集め、住まわせるために幕府の命により造られた面積15,000uの扇形をした人口の島です。

鎖国時代、西洋との唯一の窓口に。文化や芸術がここから日本各地に伝わったのです。
画像

画像
画像


観光スポットの眼鏡橋へ。柳が似合いますね。
画像

中島川には石橋が連なっています。
画像

日本最古のアーチ型石橋です。アーチと川面に映るその姿が眼鏡に見えることから。
長崎には日本最古・・・が多く出てきました。
画像
ここで1時間ほどスケッチしていました。

そして夜景を見に行く前にタクシーの運転手さんが寄ってくれて。
画像


そのまま稲佐山の頂上から長崎市の夜景を。平日にもかかわらずここへ辿る道は渋滞していました。

稲佐山は333メートルの展望台から晴れた日には五島列島、雲仙、天草まで見わたせる大パノラマです。

平成24年10月5日に開催された「夜景サミット in 長崎」 において長崎の夜景が香港、モナコと並び
「世界新三大夜景」に認定されました。
画像
カメラの電池切れになりこんな一枚しかありませんでした。(@-@)

ホテルへは10時に。さて同室の彼女のいびきに悩ませれていますが今宵はどうかな。。。。



 


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 67
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
軍艦島、世界文化遺産に登録されてから注目され、観光客も多くなったことでしょう。
最盛期には5300人もの人が暮らしていた人口密集地、島の中ですべての生活が出来、海に浮かぶ都市だったのでしょうね。
全体が名前の様に海に浮かぶ軍艦そのものです。産業の衰退で無人になり、荒廃し、それが世界遺産になったことでまた人を呼ぶとは何とも不思議な気がします。
岸壁が崩れたら遺産登録が抹消されると保存が大変ですね。
出島は傍を広い道路が通り、教えてもらわないと出島とは到底思えないですね。
眼鏡橋は通っただけ、スケッチ出来て良かったですね。また見せてくださいね。
長崎の夜景は綺麗ですね。行った時に見に行きました。
eko
2016/10/05 17:20
軍艦島は 行ってみたい所の一つです。
いつか 行きたい。
その島には 韓国人もたくさん働いていたそうですね。
韓国人は日本人より働き者で 残業や休日出勤など 嫌がらずにやってくれたそうです。
だから 韓国人のほうが 給料がよかったのだとか。
それなのに 軍艦島が世界遺産に登録される時 いちゃもんをつけて 韓国人は無理に連れて行かれて無理に働かされた という一文を入れさせたそうですよ。
せっかくの世界遺産なのに 変な文言が入っているのは 残念ですね〜。
あさがお
2016/10/06 01:56
長崎の旅は世界遺産になった軍艦島へ上陸されましたか!
テレビ映像で知ったのですが、
本当に軍艦が浮かんでいるようで、日本の産業遺産ですね。
出島でスケッチ…、柳に眼鏡橋…、絵になりますね。
そこから稲佐山へ、長崎の夜景はきれいだったことでしょう!
香港、モナコと長崎が「世界新三大夜景」に認定されたのですか。
みっきい
2016/10/06 07:14
みなみさんは無事に上陸?なさったようですね。
私の時は海が荒れて、上陸の際に飛ばされて
肋骨にヒビを入れてしまったのでした(その時は気づかず)
昨日のことのように思い出されます。
何にも育たないと言われてたのに
コマツヨイグサがはびこっていてほっとしました。
護岸の保持に苦心なさってるようですね。
観光客もひしめくと、その分傷みもひどいのかも・・
http://noba3-11.at.webry.info/201005/article_5.html
軍艦島の記事をまたロムしながら懐かしんでおりました。
稲佐山からの夜景は素晴らしいですね。
まっさん(さだまさし)がいつも話していますよね(*^-゚)⌒☆
眼鏡橋のスケッチ、いつか見せてくださいねeーーー
nobara
2016/10/06 10:58
軍艦島、何とも不思議な景観の
島ですね。コンクリートの塊のような
廃墟の魅力を湛えながら、静かに
往時の夢の跡を今に伝えてくれるようです。
過酷な労働に耐えた人々の事を
忘れる事は出来ませんが、世界遺産として、
しっかり後世に残さないといけませんね。
yasuhiko
2016/10/06 13:35
ekoさん、こんにちは。
炭鉱が最盛期時は労働者とその家族で大賑わいの様子が伺えました。
閉山になり無人島になると荒廃も激しく建物も老朽してビルの上層から崩れ落ちていました。世界遺産に登録された以上、長崎県は寄付金や入場券で補っているようですがまだまだ足りないようです。観光通路もできて案内者の誘導に従って、単独に行動できないようになっています。
出島は人工島で、島の模型がありましたが扇型でそこだけの町が造られていました。
長崎の夜景はきれいでした。世界三大夜景とは驚きました。
みなみ
2016/10/06 15:54
あさがおさん、こんにちは。
はい、そのことは知っています。
韓国人は強制労働させられて良い思いをしていないので世界遺産に反対していたことを。でもこのことはガイドさんを含め他誰一人と言いませんでした。
きっとこの小さな島の中では葛藤もあったことでしょうね。
生活していた方のお話では苦労もおありだった様子がわかりました。
観光客が上陸して昭和の激動の時代を見ておく必要もわかります。

みなみ
2016/10/06 16:04
みっきいさん、こんにちは。
エネルギーが石炭だった時代、この小さな島で日本の近代化を支えた産業遺産の歴史を今も伝えて、こうして眠っていた端島を観光で活気が出たのはうれしいことです。映像で観た時、こんな島があるんだ。。としか。まさか実現するとは夢にも思っていませんでした。
稲佐山から見た長崎の夜景が世界三大夜景の一つとは。
広範囲に観られることが魅力かもしれません。
みなみ
2016/10/06 16:18
nobaraさん、こんにちは。
2010年5カ月のnobaraさんのブログ拝見から戻ってきました。
長崎市から軍艦島、島原と全く同じコースを辿っていらしたのですね。
とても詳しくて、そのまま私のブログに転送したくなりました。
「四海楼」の5階でちゃんぽんもいただきましたよ。
四海楼の前のANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルに連泊していました。
大浦天主堂はホテルの裏でした。
海が荒れて助骨にヒビがはいったとは大変でしたね。
綺麗なお花が咲いていましたね。
草も少なくて花などは一つも見かけませんでした。
コンシェルジユは少し年配の方でとてもわかりやすくて話し方に感動しいました。
みなみ
2016/10/06 16:35
yasuhikoさん、こんにちは。
おっしゃるとおり何とも不思議な景観でした。
コンクリートの塊が軍艦にも見え、立派な海底都市だったんです。
閉山してからの無人島でかなり荒れていました。
歴史を残すための維持も大変だと思いました。
6畳一間のアパートに5人家族だったり真っ黒になった服や体を洗う様子もシビアに話されました。


みなみ
2016/10/06 16:49
こんばんは
いよいよ軍艦島上陸ですね。このところの人気で上陸者も多かったようですね。船から眺められた島の全景がまるで軍艦のよう!在りし日の生活が伺え、新しい観光スポットですね。長崎にはよく行きますが、未だ未開地なのですよ。そうそう、長崎港の三菱造船所、祖父の仕事場でした。
ミックン
2016/10/06 18:09
日本のエネルギー政策の転換により軍艦島も廃墟になってしまいましたね。
北海道にも夕張を始めこのような街がたくさんあります。生活が一変してしまうのですから,怖いですね。
眼鏡橋…行きました。近くのカステラや三でカステラを買いました。
稲佐山には行けませんでしたが,
私の泊まったホテルが稲佐山の真向かいだったので,
稲佐山から見る夜景とはまた別の夜景が見られました。
ちょうど花火を見られたのがよかったです。
長崎はもう一度生きたい街です。
おいちゃん
2016/10/08 11:18
軍艦島TVで観ました
海に浮かぶ都市だったのに廃墟
世界遺産に登録され
昔の面影を想いだされるのは
いいことだと思います
スケッチ楽しみにしております
ジュン
2016/10/08 13:40
ミックンさん、こんにちは。
はい、上陸できました。
時代の流れで廃墟になってしまった島を観光産業に活かして成功させた長崎県も凄いと思いました。
長崎にはよく出張で行かれるのですか。
もう一度行きたいと思うほど魅力ある県ですね。
おじいさまが長崎造船所勤務だったとは名誉なことですね。
三菱は天下の三菱ですものね。
みなみ
2016/10/08 16:53
おいちゃんさん、こんにちは。
夕張もそうでしたね。
炭鉱で繁栄した時代は終わり昭和も遠くなりましたね。
眼鏡橋も行かれましたか。
本場のカステラは美味しいですね。
3時のおやつに食べきりました。
ホテルが稲佐山の真向かい?ひょっとして同じかな。
花火はなかったです。
長崎は魅力的な街ですね。機会があれば行きたいです。
みなみ
2016/10/08 17:03
ジュンさん、こんにちは。
軍艦島のニュースはよく見ました。
まさか行けるとは思っても居なかったので感動して帰ってきました。
世界遺産にもなったことで観光客も増えて更に維持管理も大変なことになりそうです。昭和の時代を残したいものですね。
スケッチ…ね。12月に素描展がありますが。
みなみ
2016/10/08 17:08

こんばんは〜♪
軍艦島は産業革命の遺産なんでしょうね〜テレビ
で観ましたが想像を超越しますよね。当時はマン
ションもあったそうですね!驚きました。
ぷりめいら
2016/10/08 18:03
こんばんは。
日本の石炭産業と近代工業を支えた世界文化遺産の軍艦島は凄い遺跡だと思います。テレビで特集番組を見たことありますが、狭い場所に五千人も住んでいたとは驚きで、実際に見学すると感動するでしょうね。

長崎は西洋文明の玄関口であり異国の珍しい建築物や物品も多くて、楽しい観光旅行をされて良かったですね。
華の熟年
2016/10/08 20:24
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ございます。
島の歴史遺産の様子は、知ってはいますが、一度は目にしたいものです。
歴史遺産を見ると灌漑深いものがありますよね。いい旅行ができたようですね。
Tomi-
2016/10/10 10:48
華の熟年さん、こんにちは。
小さな人工島に炭鉱で働く家族がひしめき合って生活していた様子を実際眼で見ることができたことに感動しました。
驚くことばかりでした。
西洋文化の発祥地でもあり異国情緒溢れて長崎はもう一度訪ねる価値があると実感しました。
みなみ
2016/10/10 13:58
Tomi-さん、こんにちは。
軍艦島が世界遺産に登録された時のニュースはました。
まさかここへ来られるとは、、実現できてよかったです。
世界遺産を維持するのも大変のようです。
大海原にさらされているので腐食も激しいようです。
みなみ
2016/10/10 14:04
有名な軍艦島、ここへ上陸すると複雑な思いが込み上げてくるでしょうね。
その激動の時の流れを感じて、圧倒されると思います。そんな感覚が今回の記事からも伝わってきます。
かつての住民が案内をしてくれるなんて知りませんでした。その方は、まさにその激動を体感されてきたのですから、その言葉には説得力があると思います。
いい観光をされましたね。
ミクミティ
2016/10/10 14:24
ぶりめいらさん、こんにちは。
順番が前後してしまい失礼しました。
産業革命の遺産になってしまいました。
この小さな島に5700人もの人々の生活があったのです。
マンションというか6畳一間のアパートだったようです。
大きなお風呂も真っ黒な体を洗う炭鉱夫が入るとお湯も真っ黒になったといわれました。想像絶する生活が50年前までされていたのですから。
時代の移り変わりを見にしみて観光してきました。
みなみ
2016/10/11 16:57
ミクミティさん、こんにちは。
軍艦島までの船旅も天候がすぐれないと波が荒くて船酔いするそうですが、この時は穏やかな航行ができて説明もじっくり聞けました。
この島で生活されていた方の案内には一言一言に説得力があり当時の時代を知ることが出来ました。繁栄していた時代から一挙に廃墟になってしまったことにも胸がつまされましたね。
みなみ
2016/10/11 17:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎の旅、軍艦島に上陸。 ハイカラさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる